キャリアアップ転職に!英語を使える高収入な仕事とは

転職を有利に!高収入な仕事につながる資格4選

日本では収入が高い仕事を目指して転職する人が増えています。
高収入を得られる仕事は専門性のある仕事が多く、レベルの高い資格を取得していると転職に有利です。
収入が増えると生活が楽になり、精神的な余裕も出てきます。
同じ資格を持ちキャリアも能力も同じくらいである場合、年齢が高い人よりも若い人の方が採用されやすい傾向にあります。
狙っている資格がある場合は、早めに資格を取得することで早く転職することが可能になります。

高収入に結びつく資格は難易度が高い

一般的に、誰でもできる仕事は収入が低く専門的な仕事は高収入です。
高収入のランキングを見てみると、難易度の高い資格を持っている人ほど高収入であることがわかります。
簡単な資格であれば合格者も多く需要も少なくなります。
高収入を得られる仕事の多くが国家資格です。
転職して現在よりも収入をアップしたい場合は、国家資格を取得しておくと有利になります。
高収入が期待でき転職に有利な資格を4つ紹介します。
収入も人気もランキング上位に入っているのが社会保険労務士です。
社会保険労務士の試験は毎年受験者が多いことで知られます。
社会保険労務士の人気が非常に高い理由のひとつは、仕事内容が身近であることです。
書類の作成や給与計算、保険料の算定など細かい作業が多いので女性向きの仕事としても知られています。
日本の女性は総務的な仕事場で働く人が多いため、転職するために社会保険労務士の取得を目指す人が多いです。
開業せずに勤務という形態で会社内で働くことができるため、安定を求める女性に人気があります。

社会保険労務士は社会保険や人事労務の専門家で

常に人気上位の資格をチェック

常に人気上位に入っている資格のひとつが社会保険労務士です。
合格率は5%から10%程度なので難易度は高いですが、合格すれば高収入が期待できます。
社会保険労務士の仕事は大きく分けて3つあり、現在は書類作成業務や提出手続き代行業務が業務のメインです。
将来はコンサルティング業務の需要が増えると予想されています。
経営上の問題点を把握し、改善策を的確に助言できる社会保険労務士になれば、かなりの高収入も夢ではないです。
現代社会は多くの問題を抱えているため労務や人事、社会保険の専門家である社会保険労務士は需用があります。
独占業務があるのも、この資格のメリットです。
社会保険労務士でないと行うことができない業務があるので、開業を目指す人にとっては特に大きな強みになります。
資格を取得するには、まず国家試験に合格する必要があります。
一般的に800時間から1000時間の勉強が必要になるので、最初に立てるスケジュールが重要になります。
合格者の半分以上が社会人で、会社で働きながら勉強を続けて受験する人も多いです。

メリットが多い中小企業診断士と宅地建物取引士

ビジネスマンに人気があるのが中小企業診断士です。
一般的には地味ですが、企業に勤めるビジネスマンからは高い評価を受けています。
中小企業診断士に合格した人の多くが企業の社員です。
特にIT企業や金融機関のビジネスマンに人気があります。
企業内で活用しやすい資格で、コンサルティング会社に転職する場合にも有利です。
独立する人も多く、成功すれば大きな収入が期待できます。
中小企業診断士の最終合格率は5%以下で狭き門でもあります。
合格した場合は、転職する際にかなりのアピールポイントになります。
不動産業界で必須の資格と呼ばれているのが宅地建物取引士です。
昔から高い人気を誇る資格ですが、宅地建物取引士を取得すると転職にも有利になります。
宅地建物取引士の知識は、不動産業界だけでなく他の企業でも活用できます。
多くの企業が宅地建物取引士を採用しています。
土地や建物は企業にとって活動の基盤となる重要なものです。
土地や建物の売買や賃貸借取引の知識を持つ宅地建物取引士は、多くの企業で求められています。

男女ともに人気が高い行政書士

行政書士は男女を問わず人気が高い資格です。
行政書士は法律専門の国家資格の中では、特に広い業務範囲を持っています。
法律に関する広い知識を活かして、各種書類の作成や許認可の代行を行うことができます。
最近は個人のライフスタイルや企業の業務が多様化したこともあり、法律に詳しい専門家の需要が高まっています。
依頼された書類を作成するだけでなく権利関係や許認可手続き、事実証明などに関するコンサルティング業務も可能です。
行政書士は会計記帳や財務諸表の作成、決算などに携わることができます。
中小企業に対して法的な支店で幅広いアドバイスを行うことも可能です。
トラブルを未然に防ぎ、企業と個人を幅広い知識でサポートすることができます。
代理権の付与によって、法律家としての活躍の場も広がっています。
生活に密着した法務サービスを提供しているため、資格を取得して独立する人も多いです。
法人の設立も可能で、法人化すれば規模を拡大できます。
設備投資が少なくて済むので、最近は自宅を利用して開業する人も多いです。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし